東京都立小山台高等学校の学校裏サイト

東京都立小山台高等学校の学校裏サイトへようこそ!各種情報を掲載しています。

青森県立青森高等学校の掲示板

東京都立小山台高等学校

東京都立小山台高等学校(とうきょうとりつこやまだいこうとうがっこう)は、東京都品川区小山にある都立高等学校。

目次

概要

府立八中を前身とする都立進学校。都立全盛期にあっては、連年東工大合格者数全国トップを達成するなど、理工系に強い高校として定評があり、しばしば「全国一の二番手校」と称された。その後、学園紛争や学校群制度の影響で進学実績の低迷が続いたが、2004年度から都の重点支援校の3年間の指定を受けたことを契機に学校改革が推進され、土曜授業の復活、120講座を超える長期休業中の講習やサテライト講習の導入などの進学指導体制の確立を目指した改革が行われ、難関大学への進学実績が大きく向上している。2007年には、難関大学への進学実績向上を目指す高校として駒場高校・国分寺高校・新宿高校・町田高校と共に「進学指導特別推進校」に指定された。入試は現在は都の共通問題を使用しているが、進学指導特別推進校に指定された事から今後は自校作成問題を課す可能性もある。

当校では部活動のことを「班活動」と言い、活動が盛んに行われている。班活動では、関東大会出場の男子バレーボール班(第1回大会優勝・通算11回出場)や全国大会出場のブラスバンド班が有名。その他、運動系では都大会上位の野球班、バドミントン班、剣道班等が、文化系では日米共同宇宙実験参加の生物班が活躍している。

しばしば「おやまだい」と誤読される。駿台予備校の高校入試模試の志望校表記がまだカタカナだった時代、「オヤマダイ」と誤表記されていたこともある。 都立第八高校から校名を変更する際、「武蔵」「西陵」「小山」などが新校名の候補となった。所在地の町名から「小山高校」にしようとしたが、栃木県立の小山高校と間違えられる恐れがあるとして、語呂が良い「台」を付けたとのことである。なお「小山台」は、所在地「小山」の隣接町名である。

沿革

校歌

難関大学合格状況

※括弧内は全国順位。

※2006年は、1996年比難関私大合格者192名増を記録(早・慶・上・明・立・法・中・青・学・理の合格者数81名→273名)。東日本での増加数順位で、前年の85位から一気に19位に躍進。都立高では日比谷の209名増に次ぐ2位となった。 2007年は、1997年比増加数(93名→284名で191名増)で23位(都立高では、日比谷、立川に次ぐ3位)。また2007・06年度合計で、上智・国際基督教大(ICU)合格者増加数は、6年前比で全国第6位(東京都第2位)の伸び。

交通

文化祭

関連団体

著名な出身者

著名な教員

関連項目

外部リンク


この項目は、ウィキプロジェクト/学校の「高等学校のテンプレート」を使用しています。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』